必須ビタミンの葉酸を過剰摂取すると

妊娠前や妊娠初期の妊婦さんが意識的に摂取したほうが良い必須ビタミンの一つに葉酸があります。
欠乏すると、赤ちゃんの神経管閉鎖障害リスク対策になるからです。
ところが食事から摂取しようと思っても吸収率は50%以下と少ないので、最近はサプリメントでケアすることが奨励されることも少なくありません。

1日の必要量は400μgから多くても1000μgまでとされています。
これは食事から摂取する分と合わせてということなので、サプリメントだけですべても補う必要はありません。
また大量の葉酸を摂取しようとすると逆に過剰摂取となり、効果がないばかりか、深刻な副作用が起こる恐れもありますので注意しなければなりません。
箱の裏に書かれている用法用量などの使用方法をきちんと守ることが大切です。

では、万一葉酸を過剰に摂取しすぎてしまった場合、どのような副作用が考えられるのでしょうか。
現在報告されている副作用としては、軽度の場合、食欲不振や吐き気、むくみ、不眠症などがあげられています。
また、発熱に伴うじんましんや皮膚に紅い斑点が生じる報告もあります。
さらに原因不明の痒みが発生したり、亜鉛などの栄養素の吸収率が低下したりすることもあります。

また母親だけでなく赤ちゃんにも悪い影響を与える可能性があります。
オーストラリアで過剰摂取によって赤ちゃんの喘息の確率が高くなるとのレポートを出しています。
このような話を耳にすると、摂取することそのものが危険なのではないかという悪い印象を持ってしまいそうですが、あくまでもこれは過剰に摂取した場合の危険性であって、決められた量をきちんと摂取していれば何も心配することはありません。

むしろ、必須ビタミンとしてきちんと適量を摂取しなければ神経管閉鎖障害のリスクを高くなることに目を向けるべきです。
それだけでなく、貧血を予防したり、免疫力アップさせたり、胃腸の強化したり、女性に嬉しいシミなどを改善する効果もあるようです。